子供、小児のヘモグロビン値の数値は?乳幼児から小学生・中学生まで

ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜9位

子供、小児のヘモグロビン値の数値は?乳幼児から小学生・中学生まで

こども

子供にとっても貧血は無縁ではありません。

 

まだ小さな赤ちゃんや、小学生・中学生の子供にとっても、ヘモグロビン値は重要な値なのです。

 

それでは、子供や小児、乳幼児のヘモグロビン値についてご説明しましょう。

 

乳幼児のヘモグロビン値

乳児
新生児のヘモグロビン値は、母体から栄養をもらっているため高い値を示す事が多いです。

 

しかし、その後成長と共にその値は減少し、1歳前後になると一度数値は11.0g/dL程度にまで減少します。

 

そして、その後再び増加するんですが、その頃に貧血になる事があるんです。

 

生後7〜8か月あたりからは離乳食を食べる事も増えてきますが、その時期はまだ鉄の多い離乳食をたくさん食べる事は出来ません。

 

母乳の中には鉄が含まれていますが、それを摂ることが減ると鉄が不足しやすくなるんです。

 

乳幼児の貧血は症状がはっきりしていないため、小児科医ですら見逃すことが多いです。

 

思春期は貧血になりやすい

思春期
乳幼児期に続いて、思春期も貧血になりやすい時期です。

 

体が大きく成長する時期ですから、血液もそれに伴って増やさなくてはなりません。

 

血液を増やすには、タンパク質や鉄分を多く摂取しなければ貧血になってしまいます。

 

また、女子の場合は月経も始まり、出血によって鉄分を失うので、より一層鉄を摂取しなくてはいけないんです。

 

ですが、思春期には体型を気にするあまり不適切なダイエットをしてしまう子もいます。

 

そのため、思春期の子供は貧血になりやすいとも言われています。

 

思春期の子供は、12.0g/dL以上、15歳以上の男子は13g/dL異常が基準ですから、ヘモグロビン値にも注意してください。

 

スポーツ貧血の可能性も

バスケットボール

部活動などで激しい運動をするようになると、スポーツ貧血になってしまう子どももいます。

 

  • 長距離走
  • 剣道
  • バスケットボール
  • バレーボール

 

などの運動は、足の裏に何度も強い衝撃が加えられるため、足の裏を流れる赤血球が破壊されてしまうんです。

 

鉄分不足でもないのに貧血の症状があれば、スポーツ貧血を疑ってみた方がいいでしょう。